5月も中旬となり、逃れられない税金の支払いの時期となってきました。皆様の中にも、固定資産税や自動車税の納付書が届いている方は多いと思います。

さて、そんな訳で時事ネタ的な話題として、税金の支払いの時に少しだけ得する方法をいくつかご紹介したいと思います。

1.nanacoで支払う

税金の支払いに使える数少ない電子マネーがnanacoです。セブンで支払えば、nanacoで決済できるのですが、残念ながら税金の支払いにはnanacoポイントは付きません。
では、何でトクするのかというとnanacoにクレジットチャージして、クレジットカードのポイントを貯めるのです!
クレジットカードのポイントなんて、微々たるものと侮るなかれ!固定資産税なんて結構大きい金額になることも多いので、例えば10万円の固定資産税の支払いに1%の還元率のクレジットカードを使うと、それだけで1000円分のポイントが貯まります!
「なんだ、たった1000円か。やっぱり微々たるもんじゃないか」というお金持ちの人は、この記事は読み飛ばしてください!

ただし、nanacoにクレジットチャージしてポイントが貯まるカードは限られているので、ご注意ください!

※ちなみに、ミニストップのWAON払いでも同じようなことができますが、カードや金額の制約が大きいので、nanacoの方がおすすめです!

2. Yahoo !公金支払いで支払う

1万円までの納付の場合に特におすすめなのが、この方法です。
1万円までの納付の場合には手数料がかからないので、簡単に手持ちのクレジットカード払いでポイントが稼げます!(軽自動車税とか最適ですが、車検が近い人は納税証明の発行に時間がかかるので注意!)
また、この方法のもう一つのいいところは、税金の支払いにTポイントを充てられること!しかも、Yahoo!の期間固定ポイントも使えるので、使い道に困っている期間固定ポイントの消費先としても最適です!
1万円超の納付の場合には、手数料が1万円ごとに108円かかるので、ご注意ください!

 

※使える自治体、税目に制限があるのでご注意ください。

鹿沼市(使える税目)
  • 市県民税(普通徴収)
  • 固定資産税・都市計画税
  • 軽自動車税
  • 国民健康保険税
栃木県(使える税目)
  • 自動車税
  • 個人事業税
  • 不動産取得税

3. P-oneカードを使って税金1%引き!

P-oneカードってご存知ですか?買い物が請求時に1%引きで請求になるクレジットカードなんですが、このカードが2の方法の時にも使えるんです。ポイントよりも現金値引き!って人はこのカードが最適解です!単純に税金が1%引きになると思えば、お得ですもんね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です